紅の海(レッドシー)紅海
12.『OUR』ハン様
written by コズめるん

HOME

スポンサードリンク
ジン様のお出ましはまたまたおあづけでしたが、ハン様(誰?)とは数回お会いいたしました。

デダラス(Daedalus Reef)というダイビングサイトは、スゴい!あそこでトライして一回もハン様見れなかったという人は、 普段からの行いがかなり悪いと思われ(笑

でも、ここさー、透明度悪すぎ。

現れても大体が確かに「ハン・・・様・・・。」と確認するまで、目を凝らして 数秒かかります。特徴のあるシルエットがボヤ〜っと見えただけ、という場合も結構あったし。
こういうのって「見た」と言っていいんでしょうかね?

ハンマーヘッド2
いつも眼を凝らさないとハン様と確認できないニゴりでした。


ハンマーヘッド
ほれ、ハンマーだよ。かなりの青かぶり写真ですが・・

逆に、「あー、今日はハン様いなかったな・・」と浮上の準備をしつつ油断して
流していると、なにやら後ろに気配が・・・振り返るとそこにハン様、ということも。
そのとき、真昼間、水深8Mの明るいところでした。

先回のモルディブでお会いして以来、もういちど近くでじっくりお顔拝みたいものだと思っていたところ、 今回は特筆すべきかなり印象深い出会いをしてしまったのだ。

アレは締めの4本目のダイビング。場所はもちろんデダラス。
いつものようにブルーの中を(とはいっても、透明度は悪し)泳いでいるとガイドが指差し。

私たち3人(例のマイケルとジェダイと私の3人チーム)は指差す方へ急降下。
そこは、水深37M、透明度5M(これ、多分日も暮れてたせいです。暗かった。)

ハン様に追いつくと、彼は突然くるくる、くるくる私たちの周りを回り始めました。
だから私たちも一緒にくるくる。

水深37Mの薄暗い海で和になって踊る3人プラス1匹。
ジェダイ曰くそれは1-2分続いていたとの事。

最後はハン様がすぅっと深海に消えてヂ・エンドでした。

浮上すると、三人で大喜び。ボートクルーがピックアップにやってくるまで興奮の嵐でしたね。

「オレ、まじ、もうどーなってもいいと思ったもん。」と、ジェダイ。

あたしゃー、ゴメンだね。デコはともかくアレってひょっとしてハン様の威嚇行動なのでは・・?と もとれるし、実はちょっとした恐怖体験だったのかも。
あの時は窒素酔い+ハン様接近で、舞いあがって踊り狂ってしまいましたが。。。

ハンマーヘッドと踊る3人
この様子、写真撮っとけばよかったね。
でも、みんな殺気を放出しながらも無言で怖かった。

スポンサードリンク
南の島でダイビング それゆけ!コズめるんのホーム エジプトのトップ エジプトの前ページ エジプトの次ページ

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO