紅の海(レッドシー)紅海
16.実は海の中よりオモシロイ
written by コズめるん

HOME

スポンサードリンク
多分エンペラーは英国の会社ではないかと思うのですが、ガイドのJimをはじめ今回のゲスト6人が英国人。
ご飯を食べるテーブルは2個あるのですが、自動的に「ブリティッシュ・サッカーテーブル」と 「ジャーマン・サッカーテーブル」になってました。

え?わたくし?

日本チームはわたくしがこちらに来る前に早々敗退しちゃったから、いや、もともとサッカーにはじぇんじぇん興味がないから 適当に座っていたら、そこは「ジャーマン・サッカーテーブル」でした。ドイツもイギリスもけっこう強いのね。

いままで英国人の方とお会いする機会ってあるようでなかったので、 これは!?と思い、ミーハーなわたくし、一度「ベッカム」について触れてみたのですが、
「日本人の女性は特にすきだよね〜 ┐(´ー`)┌ ヤレヤレ 」と言われてしまいました。

食事の様子
ゴハンは一応コース料理ですが、とってもカジュアルです。
見たこと無いモノも出てきますが、野菜も盛りだくさんで、
旅の野菜不足とは無縁でしたよ(笑


あるお方からは「彼のどのあたりが好きなの?」と聞かれましたが、まあ、真実をのべさせていただくと、
私もそんなにファンじゃなので熱く語れませんでした。
ルックスは良いのですが、あの声が・・・。声に関して言えばガイドのJimの方が数段上ですね。
ここで初めて触れますが、彼はじぇんとるまん的セクシーボイスをお持ちでした。
本人にはあえて指摘はしませんでしたが、白状すると、彼のブリーフィングの度に 「なんてステキな声なのだ」とウットリしたものです。こんなこと言っちゃっていいのか? 参加者全員日本語読めないし、ま、いいか。(これからFraserに乗る人、チクらないでね)

どんなお声なのか気になる?

あえて言うと、「花輪くん」みたいな感じ・・かな。

いや、なんか違う。(逆に変なもの想像させちゃったかな)

ブリティッシュサッカーチームの面々
「ベッカムon the Fraserに任命!」っても、イングランド出身ってだけじゃん。

以下、船上で撮った写真をご紹介しますね。

飛び込み
ははは、
どこの船でもやってますねー

水面で
こうやってみるとブルーな海ですが・・・
見掛け倒し!?

浮く
シタイのつもり
誰か突っ込んであげてー

クルーのお部屋にお邪魔してしまいました。

キャプテン
タイタニックの二の舞いは×です。
まあ、氷河ないから大丈夫か。

キャプテンの真似
こういうの
とりあえず、やっちまいました・・・

モアイと一緒
モアイと。モアイが何か説明するの疲れた〜
結局分かってもらえず・・

クルーのお部屋にお邪魔してしまいました。

タイタニック
タイタニックのポーズ。それは、ローズだろって。
無理やりさせたのはわたくしですが。

夕暮れ時の対岸
アホなことやってても、フッと横には心にしみわたる風景が。
このギャップがたまらん。

フレイザーのフロントから
ついでにこういうのも。
パンフの表紙に使いたいときは言ってね。

フリータイム
フリータイムの典型的な様子。
ログつけたり、しゃべったり、読書したり。落ち着く空間。

スポンサードリンク
南の島でダイビング それゆけ!コズめるんのホーム エジプトのトップ エジプトの前ページ エジプトの次ページ

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO