ヤバい海、モルディブ
4.モルディブの前にプチセレブ
written by コズめるん

HOME

◇モルディブへの道(1) (今回あまり好ましくないパターン。しかも長い。)

モルディブへのルートは数個あります。
日本人の場合、土曜発の8〜10日間というパターンでパッケージツアーを買うことが 多いのではないでしょうか。この土曜発というのは普通の会社員にとっては有難い設定です。これは当然押えねば!!と 思ったものの、次の週は国民の祝日が2日入ってるという、第二のゴールデンウイーク。こんな土曜に取れるわけがありません。
いや、取れたのかも知れませんが、なんせ決めたのが遅すぎた。しぶしぶ金曜出発のためマレーシアで1泊することになりました。
(まず、ここで無駄な有給取得と余分なマレーシアホテル代出費の憂き目に・・・)

マレーシア??完全な知識不足。通貨がリンギットということくらいかな、知ってたのは。でもそのレートについては???でした。
だってさー、モルディブについての知識もアヤしいのに、マレーシアなんて・・・あるわけないじゃん。

ま、でもたまには高級ホテルライフを。。。と即頭を切替え、通常のコズめるん的思考では有り得ない オシャレなホテルライフ@パン パシフィック クアラルンプール を堪能することにしました。

さて、マレーシア初上陸。やはり一度も降りたことが無い空港はちょっと緊張します。
でも、ホテルが決まっているということは 何かと安心。それも空港直結だし。もー、楽勝楽勝。今日の仕事(?)は終わったも同然。

しかしホテル直結といっても歩いて10分くらいはかかると聞いていたので、バゲジクレームにて空港チェックイン(できるんです)中に 「バギーは??」と聞いてみた。("無料の"(←ここ大事)バギーサービスがあるという情報をネットで入手してたのさ)
チェックインのおにーさん曰く、「上の階に行け!」わたくし、「上に乗り場でもあるのか???」と思い、 荷物を取って税関を抜け、そのままエスカレータで上って行きました。

しかし、そんなものは全く存在せず。(少なくとも視界には入りませんでした)その代わりに『Pan Pacific⇒』みたいな
看板が。。。「歩いて行けってか?」そこは薄暗く、捕まえて聞く職員らしき人も見当たらないため、 キャスターを転がしつつ、歩き始めました。その距離の長いこと、長いこと。さらに暑いこと、暑いこと。
『高級ホテルにバギーで華麗に到着!』と思い描いていたセレブ的図は見事に打ち砕かれ、 とぼとぼとホテルに向かい、まもなく到着!というその時!


「ゥニーン」という音が背後から・・・

空(カラ)のバギーが空港方面からやって来て、ホテルまであとン十メートルというところで、コズめるんを追い抜いてゆきました。

「何処にいたのさー!!」と問い詰めてやろうと思いましたが、早くホテルに入りたかったのと、またそのお迎えに きたドアマンがとても雰囲気よかったのとで、すべてを帳消しにしてしまいました。

部屋も言わずもがなの高級さを醸し出し(え、普通?)とっても満足ゆくものでした。

malku2
いつもの旅ではありえないゴージャスさ。
まるでパンフレットに使われてる写真みたく撮れました。

夜もすっかり更けてしまってたので、今度こそセレブなホテルライフを!と、 「"無料の"(←セレブ?)サウナとジャグジーを併設したスパエリア にでも行ってみるか」と 早々と部屋を後に。しかし、そこは高級とはえらくかけ離れた場所。
ジャグジーには人っこ1人いないし、ミストサウナは 工事中で入れないし。

それでも、ジャグジーに無理やり浸かってたら、ハウスキーピングの係員が入ってきた。それも、男性!
「Oh, sorry」と入って、そそくさと去って行きましたが、なんかそこに居ること自体「迷惑」と無言のプレッシャー を感じましたので、ひっそりと部屋に帰ってゆきました。

malku2
これがそのジャグジー。
室内全体が工事臭いし、ちょっと・・・ね。

スポンサードリンク

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO