ヤバい海、モルディブ
3.意外に【重要】なプラグの話
written by コズめるん

HOME

スポンサードリンク

みなさんは、海外のコンセントの差込プラグの形状が、国によって違うことはご存知のことでしょう。
しかし、私今まで南の島ダイビング旅行において、何処に行くにも『プラグの形』に注目したことはありませんでした。
どこに行っても、運よく日本のものがそのまま使えていたような・・・

なのに、今回に限ってな〜んかいつも感じない胸騒ぎが。。。出発前夜旅行会社から届いた紙を何気に見てたら、 「BFタイプ」となってるではありませんか?BFタイプってどんな形だ?」と早速「モルディブ・プラグ」で検索すると モルディブのプラグ形状について述べられてる記事が数々ヒットされて来ました。中には写真付きで解説されてるものもあり、 その結果・・・、

「((((〃 ̄O ̄)まじかよ〃」

クルーズは一度船に乗ってしまえば帰着するまで海の上。
たとえ島に上陸しても、『海外旅行者のための気の利いたプラグ確保』なんて期待できません。船中で、 「さて、充電でもする・・・か」の時に慌てないようにしましょう。

なので、これから行かれる方の一助となるべく我がサイトでもコンセント写真をアップしておきますね。
(その他Bタイプという形状もあるようです)

malpu
真ん中の3つの四角が差し込み口の形です。
右上のスイッチ(赤いところ)を押すと通電します。


クルーズ行かれる方は
「プラグ形状は日本と同じなのか?」違う場合、「その船に適当なプラグは用意されてるのか?
またその数は充分なのか?」をきっちりつぶしておいて下さいね。
(各国対抗、船上プラグ争奪戦になる危険性がありますから)

今回、結局どうしたか?出発日に駅前の店で入手。なのに、スティングレイ【Stingray】の私の部屋には、 全形状に対応するプラグがささってました。(船のか誰かの忘れ物かは不明)当然それ『も』利用しました。
ラウンジのコンセント周りには各自が持参したプラグで皆カメラ用充電をしてましたので、 やはり充分な数は無かったようです。中にはプラグ1個じゃ足りない人もいるし・・・。ま、私のことですけど。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO