usa語学に自信が無いとき程、インターナショナルな船に!

一口に外資系のダイビングクルーズといっても、その種類は2分されます。
英語ネイティブオンリーのクルーズと文字通りインターナショナルなクルーズ。
英語ネイティブオンリーのクルーズというのは、ゲストがアメリカ人・イギリス人と英語を母国語とする 人達の集まりのクルーズです。私見なのですが、こういう中に片言英語の日本人が一人入ってゆくのは かなりキビシイかも知れません。ペラペラペラペラやられてしまうと、圧倒されてしまうでしょう。

ちょっと想像してみてください。日本人のみの船に、日本語片言の外国人の人が一人で入ってくる図を・・・
それはそれは、かなりのストレスを感じると思います。これの全く逆のパターンが起こるわけですからね。
確かに、語学力を高めたい!と思ってネイティブの中にえいっ!と一人飛び込んでゆくケースもあるでしょうが、 ダイビングクルーズでそれをやるには、期間が短すぎるし、ストレスも大きいのでオススメしないということです。

その点、インターナショナルなダイビングクルーズは全然気が楽です。
どういうことかというと、「中には英語があまり理解できない人がいます!」
えっ?って感じでしょう。私も驚いたんですが、外見的には全く同じ西洋系の面持なので見ただけじゃ区別が つきませんけど、実際得意じゃないって人もいるんですよ。

でも、決して寡黙ではなかったですね〜。
分からないことがあれば、「今の分からないから、もっペん言っとくれ」と言うし。

だから、わたくしも平気で「もっペん言っとくれ」と気軽に言えるんです。
日本でやると「なんて我の強い女だ」と思われてしまう恐れもあるのですが・・

あ、そうそう、これは他のゲスト(ヨーロピアンの)も同じ事を思ってるようですよ。
「この船はインターナショナルだから、話しやすいしいろんな国の人と友達になれるのがいい!」って。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO