dokuro慢性疲労

これはですね、しょうがないです。1日3-4本潜りますので(5本なんてのも見たことあるような)疲れないほうが変。
与えられたタンク数すべて潜る人もいれば、所々スキップする人もいます。
私はいままで一度もスキップしたことはありませんが・・・

あるとき、日本人とヨーロピアン半々のクルーズでこんなことがありました。 もうクルーズも半ばを向かえ、疲れがピークに来てるせいか、スキップを始める人もパラパラでてきたころの 事です。「は〜あ、毎回みなさんおそろいで〜」というオヤジ口調で子供の声が。彼はドイツ人と日本人の親を持つバイリンガル(日本語とドイツ語)の 男の子だったのですが、何本かスキップした後にダイビングを再開しようとのらりくらりやってきたのでした。。。

わたくし彼の言葉を聞いて、「・・・たしかに。」と思いました。

スキップ者が続出してるのはヨーロピアンチームだけで、日本人チームは毎度毎度きっちりそろってましたからね〜。
「ダイビングだよ〜」のお声と共に、ちゃっちゃと器材セッティングを終え、誰一人もれることなく定位置で ブリーフィングが始まるのを今か、今かと待ち構えていた日本人チームの様は、
いたいけな少年に、「この人達っていったい・・・?!」と疑問を抱かせてしまったようです。

典型的な日本人リゾーター、ガツガツ潜ってしまうんです。
休暇をやっと取ってきたのですもの、貪欲にならざるわけにはゆかないのですってば。。。

スキップしたダイビングで大物が出たなんて事になったら、んもぅかなり落ち込むのが目に見えてますしね。

と、いうわけで毎回とりあえず水に沈んでしまうという"休暇貧乏性"が疲労感を増長してます。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO