a地域によっては1本あたりの値段がリーズナブル(乗船中の支出なし)

たとえば、有る程度の間海外リゾートダイバーを続けているのに、モルディブを潜ったこと無いというと、 「モグリか」(潜り?)といわれる可能性がありますね。モルディブは日本人ダイバーの間では常にパラオと肩を並べて 「行きたいリゾート地No.1」のトップの座を争っていますから。

しかし、モルディブの海を潜ってみたい!と思っても、モルディブは1島1リゾート。それも有る程度以上のレベルのリゾートばかり なので、ダイビングをするとなると、毎日かなりの出費です。宿泊費を抑えたい私にとって、モルディブなんか何日も滞在して 潜り続ける場所から即却下される場所のハズ。経済的になことに焦点を当てると、あそこは一人旅ダイバーにはかなり遠い存在と いえますね。

なのに、うまい時期をみつけてクルーズ船に乗れば1日リゾートホテル代にも届かない価格で「ダイビング+寝泊り」が出来てしまうという、そんなことが 起こってしまうのです。

さらに、乗船中は町でフラフラ買い物することもないので、支出がぐっと抑えられます。(船上でビールをしこたま飲んじゃったり、上陸した島で 大量の買い物をしなければ、の話ですが)

船上での飲み物に関するパターンとしては、コーヒー、紅茶、ミロ、水は飲み放題、アルコール、カクテルは別料金ってのが 一般的なパターン。ビールは$2.5-$3.0くらい、カクテルは$5〜でした。

だから、下戸(げこ)の人にとっては、追加支出ゼロという、本当に有難い存在です。
(わたくし?毎晩$5以上は払ってたかな・・・^^;)

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO