海外旅行傷害保険無料で! 南の島でダイビング それゆけ!コズめるん

MENU

このコーナーでイチオシTOP3


付帯保険の真実、ナゼ語られなかったのか?

いろいろゴタク並べる前に言っちゃいますね〜

みなさん、クレジットカードに付帯されてる海外旅行傷害保険の補償上限金額って、 付帯カードを複数持ってたら、合算されて増えるんだよ。しってました?

あは、言っちゃった・・・
(私は今、複数の方がパソコンの前で卒倒してる姿が目に浮かんでいます)

訪問者A: 「オイオイ、逆だよ、逆。そんなにおいしい話はないのっ。複数入会してるからって合算するわけないよね。 それに、 クレジットカードの付帯保険ってさー補償額が少なくて使い物にならないというのが通説だし。 上限アップなんてありえねー。複数の場合、保険会社どうしが支払う額を按分(割合に応じ分けて負担する)するというのは しってるけど。」
訪問者B: 「たしかに、死亡・後遺傷害 2,000万円 はまあまあとして、そのほかは異様に安いじゃんねー。合算されたらそりゃうれしいけど。」
訪問者C: 「言ってることがよく分かりません・・・」
訪問者Cの方のために、表で解説してみますね。
(多分分かりやすいと思うから・・・)

死亡・
後遺障害
傷害・疾病
治療費用
賠償責任 携行品 救援者
費用
A社aカード 2000万 100万 2000万 20万 200万
どっちが高額?
B社bカード 1000万 150万 500万 20万 50万
海外旅行傷害保険の合算多い方が限度 海外旅行傷害保険の合算合算 海外旅行傷害保険の合算合算 海外旅行傷害保険の合算合算 海外旅行傷害保険の合算合算
補償額上限
2000万
250万
2500万
40万
250万


(" ̄д ̄)マ、マサカ・・・!

  【超重要!】表でもお分かりのように、たとえ海外旅行傷害保険付帯のカードを複数持っていても      「死亡・後遺障害」の補償額は合算ナシです。 この場合、補償限度額はカードの中で最も高いものが当てられます。

Copyright © 2005 南の島でダイビング それゆけ!コズめるん. All Rights Reserved. 
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO