ノンダイバーに捧げる、スキューバダイビング入門
〜とりあえず初心者への道(ダイビング用語)
written by コズめるん

私の友人はダイビングを始めたばかりの頃、てこんなことを言ってました。

「なんかさー、エントリーするときにバックロール(*)するじゃん。その時にあー、自分はダイバーなんだなーって 自覚するんだよね。昔テレビでボートから後転しながら入る人をみて、その姿がとてもプロっぽく感じてたけど、 それを今自分がやってるんで、不思議な感じがする。」

(*バックロールエントリーのこと。タンクを背負って、ボートの端に腰掛け、 そのまま 後ろ向きに回転して入水する方法)

私はこのとき、「ははーん、なるほどね・・」と思いました。

プロっぽいということに関していえば、私は自分で口にするたびに、彼女と同じように、すこし業界人になったかのような気になる 言葉があるんです。隠語めいたプロっぽさを醸し出してる言葉。

「はいる。」

ピンときた方、います??

「はいる。」ってどういうときに使うかって??

こんな風に使います。

「あ、あそこね。あそこは2回はいったとある」

「あそこ(のポイント)で2回潜った」じゃなくて敢えて「はいった」という 言葉を使うあたり、指にタバコでも挟んで気取ってみたくなるような・・・そんな気持ちになりませんか?

スポンサードリンク

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO