コズめるん、グアムに行く!
5.やっと逢えたね(T氏のパクり?)
written by コズめるん

HOME


最後の3本目、「粘」のビーチダイブ。ガンビーチ【Gun Beach】。
まずは、スペシャルサンクストゥJerryちゃん。
実は密かに今回のグアムダイビングのメインはこのビーチダイブだったんです。 (ダイナミックなボートダイブを差し置いてまでも!こんなことスタッフには言えないよな〜)
この1本、モンツキ狙い。モンツキとは、モンツキカエルウオのこと。これ常識。
2本潜って、マンタみて、結構満足だしちょっと疲れたのでどうしよっかなあと思ったんだけど、Jerryちゃんがガンビーチに連れてってくれるって言うから 張り切っていってきましたよ!

gumgunbeach
ガンビーチ。
とっても穏やかでその昔血で染まった場所なんて到底信じら
れない。やっぱし、南の島は「楽園」じゃなきゃね。
gumgun
ビーチの名前の基になった大砲。

【ガンビーチ(Gun Beach)】
ホテル日航から北へ5分くらい歩くと静かなビーチ、ガンビーチがあります。
もうすこ〜し先にいくと、早、恋人岬。言い伝えられる悲話とともに、とってもロマンチックな場所。関係ないか・・。
そして、ビーチの名前の由来は、旧日本軍の大砲がいまだに存在することから。本当に日本軍が占領してたんですね。
実はここ、後で知ったんですけど、ビーチエントリーして外洋までいけるとか。マンタ、ナポレオン、鮫(!)まで出るそうです。


いやあ、モンちゃん天国!慶良間で1匹のモンちゃんを皆で取り合いしたのがウソのよう。
ただ、波打ち際近くなんで、1時間前へ後ろへうねりの中、岩をガッてつかんでたもんだから、爪ボロボロ(涙)最大水深4.5m、平均3mのダイビング!でした。
これってスノーケリングをスキューバ背負ってやってる感じ。Jerryちゃんとサシで入ったから、私のためにモンちゃん見つけては指してくれるんだけど、写真とろうと向きを変えると穴に引っ込んじゃう。
外に全身出てるのを目撃しつつも、カメラに収めることは出来ずじまい。こんな風に最初から最後まで自分のペースで撮りたいものを撮るダイビングって、サイコー!
しかし、一所にいて動かない客(多分5uも動いちゃいないぞ)、ガイド泣かせなやつだな、全く。
Jerryちゃん、ごめんちゃい。

gumontsuki2
モンちゃん、第@段!
この正面からのショット、絶対ものにしたかったのだ。
gumontsuki3
20枚くらいは撮ったかなあ。
でも、成果はどれもこの程度。
もっと穏やかな時に入りたいなあ。
gumontsuki4
鼻ゲ見える?
gumontsuki5
唯一、魚っぽく背びれが写ってる写真。
全身像は想像してね。写真ないんで。
gumontsuki6
あ゛〜、何でこうもボケボケ??
せっかくのアングルなのに。
gumontsuki7
上目遣いも激カワ
gukaeru1
別種カエルウオ発見!狙った獲物は逃さない!
ココ、本当にカエルウオ天国。
gukaeru2
粘って、粘って、出てきたところを撮影。
それにしても、ピント甘すぎ!
うねりの中での成果はこんなもんよ。

この日A嬢はショッピング三昧のため、ダイビングオフデー。
もう、1日で盛り沢山ダイビングしちゃったもんだから、ホテル到着次第、「今日、出たよ!もう、グアムダイビング完結しちゃったかも。」と報告。

ところで、何でこうやってダイビング1本1本グダグタ書いてるかというと、なんと次の日、台風のためダイビングキャンセル。したがって、ネタ不足。
「グアムダイビング、今日で完結しちゃった!」と前日A嬢にのたまったのが本当にそうなってしまったんです。あ〜あ。
今回は披露する写真も少ないし、イケてるショットもないんで、いつもよりクダマキが多くなってしまいました。
だって、はるばるやってきて、たった3本なんてありえないから。ったくさー。

スポンサードリンク

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO