コズめるん発祥の地であるコズメル島を紹介します!
2.コズメルに行くには?
written by コズめるん

HOME


大きな声では言えないけど、コズめるんのコズメル行きはまだ2回なのです。
一緒のダイビングボートで出会ったアメリカ人ダイバーに、自分は2週間おきに来てる、って普通に言われて、
思わず「君こそコズめるん!」と名前を進呈しようとしたのですが、ヤメときました。
これからダイビングって時にこんなヤツがバディで大丈夫か??と不安がらせてもしょうがないですし。
カリブってやっぱり遠い〜ってイメージが敬遠されてしまう最大の理由ですよね。
でも、実はコズメル、がんばれば当日の夜には到着できてしまうんです。
多分、日本発なら、飛行機・バス・船の乗り継ぎの組み合わせは山ほどあると思うのですが、
私が利用した当日到着できてしまうルートを紹介しましょう。
けっこうパッケージツアーにも良く使われているルートなんで、知ってる人は知ってると思いますが。
当日到着は譲れない!って人には気に入ってもらえると思います。


成田からコズメル島までのルートをご紹介します 成田→ヒューストン→カンクン→プラヤ・デル・カルメン→コズメル

これは飛行機・飛行機・バス・船とけっこうハードです。でも、翌朝にはカリビアンブルーの海に浸ってることを想像してがんばりましょう!

成田→ヒューストン

コンチ、オススメです。ワンパス(いわゆるマイレージ会員)持ってる人は、是非コンチで行くといいですよ。
一気にマイルを稼げます。何といってもアメリカ大陸横断する感じですからね〜。
そして、マイレージ会員のなかで、私がコンチを選んだ最大の理由は「マイルに有効期限が無い!」(今のところは…です)ことです。
この点ではノースも同じですが。(しかし、ノースは会費が高すぎ…)私はこのマイレージを使ってガラパゴスに行くのが夢なんです!(聞いてないって!)
あと、このヒューストン線がスゴイのはエコノミークラスでも個人のスクリーンが前の椅子に付いてるんです!だから映画も見放題!ゲームもしたい放題です!
最近は一部航空会社でも、おんなじサービスしてるとこもありますが、何といってもヒューストンへの道のりは果てしなく遠いので、
これが有るのと無いのじゃ機内の贅沢度がずいぶん違うと思います。
まあ、普通にファースト乗る人には関係ないですけどね。

star便が有りすぎて単純に迷っている人へ!

  1. 当日着
  2. マイルがっぽり
  3. プライベートスクリーン

を享受しない手はないですよっ。

cozplane
cozflight

ヒューストン→カンクーン

通常ならば普通に乗り継ぎ。あっという間にカンクーンです。通常ならばね…。
実は個人的にヒューストンには思い入れが有るので、乗り継ぎ時間も余裕だし、気持ち的に余裕かましつつ、 ちょっぴり感傷に浸ってイミグレを通り抜けようとしたところ、
「ちょっとここで待て。 今係員が来るからその人と一緒にいけ」
と雰囲気ぶち壊された。
ナゼだ?いいから行け!を繰り返してると、なんか普通の事務所に到着。
そこでかなりの時間 そこの椅子で待たされてると、イミグレで捕まった??人々がドンドン入室。
しゃれにならないくらいの長時間ほっとかれた状態で、誰も相手してくれないので、また思い切って
「どゆこと?」
と聞いてみたが、とにかく「待て」の一点張り。ったく、犬じゃないっつーの。
こっちは乗り継ぎ便があるんたい!と主張するも、全然相手にされない。
その内太ったおばさんからお声がかかったので、ついてくと、取調室らしき小部屋に押し込められた。
そこで、IDだせ!といわれたので、運転免許を出したら英語で書かれたものだと。そんなもん無い!
財布の中にクレジットカードが入ってるのを思い出したので、そう言うと、写真つきのものが必要とのこと。
んなもんないよな〜と半ば諦めつつ、財布を出すと、おばちゃんがそれを奪い、中を探られしてるうちに、 ダイビングのCカードが出てきました!おばちゃん曰く、「な〜んだ、あるじゃない。」なぜか今回に限り、 前夜「ロストバゲージしたらヤバイから自分で持っとこー」と思って財布に入れたのでした。
「Cカード=ID??」
そんな発想は全くなかったけど、とにかく助かりました。でも、このCカードが無かったら一体私はどうなってたのかと思うとホントヤバかったです。
普段日本人が肌身離さず持ってて、さらに英語で記載されたIDって、なんかありましたっけ?
というわけで、こういうことさえなければ、普通に入国して、再び国際線でカンクン目指してゆくだけです。なんも問題ないです。
あ、結局快く開放されたのですが、同姓同名者が指名手配されててそれで確認したとのこと。
コズめるんって名前で変なことしないでね。(kidding!!)

カンクン→プラヤ・デル・カルメン
カンクン空港に到着したら、次は「Riviera」というプラヤ・デル・カルメン行きのバスに向かいます。
空港の外に出るちょっと前にバスチケットのカウンターがありますので、そこでチケットを買うのを忘れないように。
値段は65ペソもしくは7ドルくらい。
19時のに乗れればラッキー。最悪でも20時30分の最終には確実に乗りましょう。
これをミスると当日コズメル入りの夢ははかなくも散ります。←大袈裟。
どーでもいいけど、バスはメルセデスらしいです。未確認ですが。バスにはトイレもついてます。
cozbus
バスのチケット売り場。時間も時間なので、
あまり人がいなかった。
cozbussche
cozriviera
バスはハデハデなので、出口を出ると遠くにいても直ぐ分ります。
ccozbusterm
プラヤ・デル・カルメンのバスターミナル。
こんな感じ。写りほど広くない。

おおよそ50分でプラヤ・デル・カルメンに到着。バスターミナルは小さいながらもなかなか近代的。トイレは2階にありますが有料。
2ペソします。ここで私は確かに2ペソと言っているのを聞いたんですが、2ペソ=\2とすっかり思い込んでいたのかなんなのか、20ペソ渡してしまいました。
2ペソは実は\20なんですね。よく考えると妥当な金額ですよね!ラッキーにも20ペソを手に入れたおばちゃん達は本日の仕事終了! まあ、たまにはこんなこともなきゃね・・・後で気が付いて一瞬青くなりましたが、今回は\200で喜んでもらえるならいっかっということで。。。 お金の換算には十分気をつけなくては。桁を間違えるとえらい目に合います。

プラヤ・デル・カルメン→コズメル
いよいよ本日の超ロングジャーニーは終焉へ!
(フェリー乗り場への道のり)

バス乗り場のコーナーのドアを出ると、ダイヤモンドショップがあって、そのすぐ隣にマックがあります。マックを左に、下りスロープを海に向かって歩きます。昼間なら初カリブ海に歓喜の雄叫びものなのでしょうが、すっかり夜は更けてるはず、です。残念! カリビアンブルーは翌朝までお預け。結局翌朝は飛び起きて、バタバタダイビングに出かけるから、雄叫びする間も無く、気付けば船上(ダイビングボート)の人になってるってのが、いつものパターンなのですが・・・。 海に突き当たったら、右へ。そのまま歩くと、1件目のチケットブースがあります。私はそこで買っちゃいましたが、何軒か点在してるみたい。値段は多分??同じでは? 一応$7.5となってますが、もちょっと高かったような・・・。

右に曲がって、大っきい屋根の下が待合広場。実際到着は夜なので、海があることすら気づかないかも・・・。
cozferryticket
ココが最初に目に付くチケットブース。
無愛想なねーちゃんがチケット売ってくれます。
cozpulayagate
playaの波止場でフェリー待ち
待合広場から横に出て撮影。
広場はごった返して座るとこないし・・。
cozferry
上は、フェリーの時刻表。
11時が最終なので、これに乗れば当日着ギリギリセーフ。本当にギッリギリ。
ピアで船を待つのは、屋根つきの待合広場(部屋ぢゃなくて)みたいなとこ。(上段写真参照)ここ、すごくだだっ広い!
屋根は雨が降って来たからホント大助かりでした。トイレもあります。
ぐるっと見渡せど、日本人は皆無。あ〜、遠いとこまで来たんだなあ・・・。と感慨深げに再認識。
船が到着すると、器材のような大きいものはチェックインして、バゲジタグをもらいます。もう、このころにはザーザー降りの雨。
器材もぐっちょり。不安になりながらも40分の船旅。外は暗いし、雨は吹き付けるし、という中、無事my sweet hometown、 コズメルに到着しましたとさ。
雨の中荷物を受けとった後、ここでふぅ〜と休む間もなく、ホテルまでがんばって器材ゴロゴロ。
疲れと、妙な興奮でハイになりながらようやく ホテルにたどり着くと・・・。(where to stayにつづく)
cozferry
スポンサードリンク

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO